忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

comments

選手権大会・県大会

6月12日(土) @明和中学校
 

1回戦(30分×2本) vs 明和中学校 0-1(0-1  0-0) 
得点:なし

 【結果】 ベスト8


和歌山1位の明和中学校との対戦。
グラウンドの状態が悪く,いつものようにボールをポゼッションできない。どうしても両チームともボールを蹴りだしてしまうサッカーになってしまう。せっかくの県大会の舞台だから,もう少し良いサッカーのできるグラウンドでやりたかった、というのが本音。しかし、これも言い訳になるかな。どんな状態でもボールを正確に扱える技術を磨くしかない。

試合の方を振り返ると,前半開始から相手にリズムを取られ,苦しい時間帯が続いた。その時間帯を乗り越え、前半15分から25分くらいまでは那智中のリズムを取り戻すことができた。こういう時間帯を作り出せるようになったことは、大きな自信になるし、収穫やね。良い流れの中から
,ペナルティエリア内でFWが抜け出しシュート!という時に後ろからチャージを受け,「ファウル?PKか!?」というシーンもあったが,笛は鳴らなかった。

何度か決定的なシュートチャンスもあったが,
得点を決め切れなかったところが今日の敗戦になったね。当たり前だが,サッカーは点を取らないと勝てない。前半終了間際のロスタイム,相手のFKからヘッドで先制を許した。結果、この1点で敗退。後半にも危険な場面が幾度となくあったが、GKのスーパーセーブがチームを救ってくれた。あと1点・・・・・・が届かずの敗退。


この時期に和歌山市の1位と公式戦で真剣勝負ができたことは、大きな経験となったと思う。「近畿大会出場」という大きな目標に向かって、目指すレベルが明確になったはずだ。さあ、次の大会で結果を出そう。7月の総体に向けて、残された日は限られている。気持ちを切り替え、前に進もう!


PR

0 comments

Comment

Trackback