忍者ブログ

次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

comments

中体連/総体・東牟婁大会 1回戦

7月19日(土) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴れ

1回戦(30分×2本) vs 宇久井中 ●0-4(0-1,0-4) 
得点:なし

PR

0 comments

中体連/選手権大会・東牟婁大会 1回戦

4月19日(土) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴れ

1回戦(30分×2本) vs 近大新宮中/緑丘中・合同チーム ●1-3(0-0,1-3) 
得点:村田 洸太郎

新1年生を4名を迎え、10名で中体連の公式戦に臨むことができました。

前半、0対0で粘り、後半開始早々に先取点を奪う展開!10名全員が守備の意識を高く持ってそれぞれの役割を果たし、1人少ないことをカバーしました。個の技術では、磨いてきた技術を発揮する場面が沢山ありましたね。磨いてきたことが、確実に積み重ねってきています。PKで追い付かれ、敗れはしましたが、心の振れるゲームでした。さらに巧く巧く巧くなれるように、これからもひたむきに取り組み続けていきましょう。

応援ありがとうございました。

0 comments

中体連 / 新人大会東牟婁予選・準決勝

12月22日(日) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴れ

下里中学校と合同チームで出場。

準決勝(30分×2本) vs 串本中学校 ●0-6
(0-2,0-4) 
得点:なし


0 comments

中体連/総体・和歌山県大会 結果

7月29日(月) @御坊市立御坊中学校G (クレー) 天候:曇り

1回戦(25分×2本) vs 和歌山大学附属中学校 ○1-0(0-0,1-0) 
得点:橋野 寛人
20130729_2.jpg

2回戦(25分×2本) vs 紀之川中学校 ●0-1(0-1,0-0) 
得点:なし
20130729_1.jpg


20130731.jpg

0 comments

中体連 / 夏季総体・東牟婁予選 決勝

7月14日(日) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

決勝(30分×2本) vs 宇久井中学校 ○3-2(0-2,2-0,延長1ー0,0ー0) 
得点:橋野 寛人、久保 宗大、田中 晃平

0 comments

中体連 / 夏季総体・東牟婁予選 準決勝

7月14日(日) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

準決勝(30分×2本) vs 緑丘中学校 ○2-1(1-0,1-1) 
得点:橋野 寛人、田中 晃平

0 comments

中体連/夏季総体・東牟婁予選 1回戦

7月13日(土) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

1回戦(30分×2本) vs 潮岬中学校 ○4-0(1-0,3-0) 
得点:清水 佑亮
橋野 寛人②,田中 晃平
20130713.jpg

0 comments

中体連 / 選手権・東牟婁予選・準決勝

4月20日(土) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

準決勝(30分×2本) vs 宇久井中学校 ●0-2(0-1,0-1) 
得点:
なし
20130420.jpg

0 comments

中体連 / 選手権・東牟婁予選・1回戦

4月13日(土) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

1回戦(30分×2本) vs 潮岬中学校 ○12-0(6-0,6-0) 
得点:坂地 泰芽②,村田 洸太郎②,
橋野 寛人③,田中 晃平④,久保 宗大

20130413.jpg

0 comments

中体連 / 新人大会東牟婁予選・準決勝&決勝

12月16日(日) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

準決勝(30分×2本) vs 串本中学校 ○2-1(1-0,1-1) 
得点:村田 洸太郎,
橋野 寛人

決勝(30分×2本) vs 緑丘中学校 ●1-2(1-2,0-0) 
得点:
橋野 寛人
20121216_1.jpg

夏休み以降、新チームとなってから個の技術向上に取り組み、多くの遠征を経験して成長してきました。残念ながら優勝することはできませんでしたが、この数ヶ月の取り組み・努力があったからこそ、決勝の舞台までたどり着くことができたのではないか。そう感じています。

大切な育成年代です。もっと大切にボールを扱えるように、そのためには技術・判断の向上に努めなければなりません。そして、今日敗れてしまった悔しさをバネにして、これまでの自分たちを見つめ直し、より成長していければいいですね。もっと巧く、もっとたくましく!

0 comments

中体連 / 新人大会1回戦

12月15日(土) @新宮市民G (人工芝) 天候:曇り

1回戦(30分×2本) vs 宇久井 ○2-1(0-1,1-0,延長0-0,0-1) 
得点:
橋野 寛人②
20121215.jpg

0 comments

総体・東牟婁大会

7月15日(日) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴れ

準決勝(30分×2本) vs 宇久井 ●2-3(1-2,1-1) 
得点:
橋野 寛人②

20120715.jpg

さかのぼって考えてみると、中体連・東牟婁大会で敗れるのは、1年振りになるのか。
残念ながら、目指す舞台には遠く及ばなかった。

この数ヶ月の取り組みの中で、反省すべき所をしっかりと自覚し、練習や練習試合で見せていた "過信” や "勘違い” をそぎ落とすことから。本気でやるなら、また一からひたむきにサッカーに取り組んでいくしかない。

今シーズンの残りは、ステップリーグと高円宮杯。

3年生は、高校サッカーに向けて中身のある2ヶ月間に。
2年生・1年生は、来年の "夏” に向けて、ここからがスタート。

3 comments

選手権・紀南大会

4月29日(日) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴れ

第2節(30分×2本) vs 衣笠中学校 ●1-5(1-3,0-2) 
得点:
速水 浩太

第3節(30分×2本) vs 上富田中学校 ●0-6(0-2,0-4) 
得点:
なし

20120429.jpg

これが現在の力。取り組んできたことの成果を確認しながら、できなかったことに焦点を当てます。

ここから這い上がろう。

絶対に諦めない。

明日は13時から練習します。

0 comments

選手権大会・東牟婁大会

4月22日(日) @新宮市民G (人工芝) 天候:雨

準決勝(30分×2本) vs 城南中学校 ○3-0(1-0,2-0) 
得点:
田中 晃平②,速水 浩太

決勝(30分×2本) vs 潮岬中学校 ○7-1(3-0,4-1) 
得点:
田中 晃平④,岩橋 芳樹,橋野 寛人,坂地 泰芽

20120421.jpg

20120422_2.jpg

20120422_1.jpg

20120422_3.jpg

攻守の切り替えの部分に関して、これまで以上にこだわりを持ってこの1ヶ月間取り組んできた。特に意識の低かった “攻から守” の部分については、県外チームや高校生に相手をしてもらう中で,これでは上のレベルで通用しないことに気付き,学ぶことができたように思う。

この部分はもっともっと地域全体で追及していかないといけない。そう感じた2日間でした。

1 comments

中体連/新人大会・1回戦&準決勝

2月4日(土) @明和中学校G (クレー) 天候:曇り

1回戦(30分×2本) vs 箕島中学校[中紀2位] ○2-0(2-0,0-0) 
得点:
速水 浩太,山本 健太郎

2月5日(日) @明和中学校G (クレー) 天候:晴れ

準決勝(30分×2本) vs 明和中学校[和歌山2位] ●0-4(0-2,0-2) 
得点:
なし

結果 : 3位   大会の詳細はこちら(PDFファイル)

20120205.jpg
20120205_1.jpg
20120205_2.jpg
20120205_3.jpg

13名の厳しい戦いだったが,この “ファイナリストを掛けた舞台” まで辿り着き,挑むことができた。これが彼らの成長を促す大きな刺激になる。敗れたことでこれまで取り組んできたことがゼロに戻るわけではない。できなかった事、できた事をしっかりと整理し,把握し,チームの次の成長に期待したいと思う。何も悲観することなく,ただ前を向いて選手たちと邁進していくだけです。

“夏”の舞台まで残り5ヶ月。もう一度 “個の育成” に焦点を当てます。それが我々の進むべき道です。

0 comments

新人大会東牟婁大会 準決勝・決勝

12月18日(日) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴

準決勝(30分×2本) vs 串本中学校 ○3-1(0-1,3-0) 
得点:山本 健太郎,
速水 浩太,田中 晃平

決勝(30分×2本+延長10分) vs 緑丘中学校 ○2-1(1-0,0-1,延長1-0,0-0) 
得点:丸山 陸斗
山本 健太郎

20111218_1.jpg

20111218_1_1.jpg

20111218_2_1.jpg

20111218_2.jpg

20111218_3.jpg

20111218_4.jpg

20111218_5.jpg

準決勝、先制されながらも後半に逆転できた。
決勝戦、嫌な時間帯に同点に追いつかれながらも、延長戦で突き放すことができた。

どちらのゲームも、この数ヶ月間の自分達の取り組みを信じて、諦めず戦えたことで勝利をつかめた。県外チームとの試合、苦しい遠征を乗り越えてタフな集団になってきた。2試合ともよく頑張りました。

たくさんのサポーターに支えられ、全員で優勝を勝ち取ることができました。応援ありがとうございました。

0 comments

新人大会東牟婁大会 1回戦

12月17日(土) @新宮市民G (人工芝) 天候:晴

1回戦(30分×2本) vs 城南中学校 ○3-1(1-0,2-1) 
得点:田中 晃平②,丸山 陸斗

20111217_2.jpg

20111217_1.jpg

20111217_3.jpg
先週頂いた“豊里中学校からの応援横断幕”をグラウンドに掲げて戦った。

今日の開会式では、我々の主将が選手宣誓を担当したが、本当に素晴らしい内容・堂々たる宣誓であったと思う。そして迎えた1回戦。たくさんのサポーターに応援を頂き、勝利を手にする事ができた。明日も自分達のスタイルを披露し、勝利を目指そう。

0 comments

総合体育大会・県大会 1回戦&2回戦

7月28日(木) @高野口中学校G (クレー) 天候:晴

1回戦(25分×2本) vs 高野口中学校 ○3-2
(1-0,2-2) 
得点:松本 健太,宇野 光貴,田中 晃平
20110728_1.JPG
1回戦 vs 高野口中学校。ショートパスでボールを動かし相手を翻弄する面白いシーンを何度か作れたね。しかし、何度か訪れた決定機を決め切れなかったことが後半に響いた。後半は同点に追いつかれ、突き放し、また追いつかれ、さらに突き放すという展開。ボールをDFラインに放り込まれると、バタバタバタバタしてしまうところは今後さらに修正しないといけない。それでも終盤、相手の猛攻に耐えきり、接戦をものにできたことは自信になるね。少し前なら、屈していた。よく耐えました。GKのファインセーブにも助けられた勝利でした。


2回戦(25分×2本) vs 紀之川中学校 ●1-5(0-1,1-4) 
得点:宇野 光貴

20110728_2.JPG
2回戦 vs 紀之川中学校。体格差はそれほどなかったが、“動きの速さ”や”反応の速さ”が、我々より上回っていた。状況に応じた“考え”や”判断”をせずにボールを蹴ってしまうチームが多い中、紀之川中は工夫してサッカーをしている印象受けた。

守備の対応をきっちりやられた事と、それを崩すアイディア・動きの質を上げられなかった事が悔しいね。我々の攻撃リズムを作らせてもらえず、前半から守備に追われる時間が多く、我々のスタイルを出そうとするも簡単には崩させてもらえない。ボールを扱う技術、その技術を発揮するための体力、まだまだ和歌山市との差は大きい。その差を少しでも縮めるために、今後1年間さらに高いレベルを目指して挑んでいくしかない。

さて、中学生にとっては、この大会が一つの区切りです。
楽しいことばかりではなく、苦しさや辛さもあったと思うが、最後までやり抜いた3年生4名には拍手を送りたい。苦しさから逃げ出すことは簡単だ。最後までやりきったことが、自分の自信になる。最後まで頑張れた自信が、これから長い人生を生きていく上での“自分の糧”になる。苦しとき、頑張れるか。それとも途中で逃げるか。1つの物事をやり抜いた経験を持った者は、今後も苦しい時に耐えれる。頑張れる。今大会、3年生の頑張っている姿には、胸にこみ上げるものがあった。
このあとは9月の高円宮杯が残っています。自分と向き合い、よく考えて下さい。一人ひとりの考えを尊重します。


遠方まで応援にお越し頂いた保護者の皆さん、ご声援やご協力を頂きありがとうございました。サッカー活動にご理解をして頂き、いつも遠征に快く送り出して頂いているおかげで、様々な経験を積み重ねて選手たちは人間的に大きく成長しています。今後ともどうかよろしくお願いします。

1 comments

総合体育大会・東牟婁予選 準決勝&決勝

7月17日(日) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴

準決勝(30分×2本) vs 串本中学校 ○2-1
(1-1,1-0) 
得点:速水 浩太,宇野 光貴

20110717_1.jpg

決勝(30分×2本) vs 緑丘・近大新宮中学校合同チーム ●1-5(1-1,0-4) 
得点:宇野 光貴

20110717_2.jpg

0 comments

総合体育大会・東牟婁予選 1回戦

7月16日(土) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴

1回戦(30分×2本) vs 下里・光洋中学校合同チーム ○6-3
(3-2,3-1) 
得点:宇野 光貴
③[FK①],田中 晃平,丸山 陸斗,久保 宗大
20110716.JPG
ついに始まった“夏の発表会”。これまで作り上げてきたものを発表する場だ。

この数ヶ月間の数多くの経験が、彼らを大きく成長させている。そう確信できた。
前半の2失点は想定内。スピードのある相手選手に対して、どう対応すればゴールを守れるか。守備陣は“2失点”という痛みを伴いながら、真剣勝負の場でポジショニングの意識を高める事ができたに違いない。

さぁ、明日はどんな試合を見せてくれるだろうか?楽しみだ。

0 comments

中学校選手権大会・紀南大会

4月29日(金・祝) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴

第2節(30分×2本) vs 上富田中学校 ●1-6
(0-3,1-3) 
得点:宇野 光貴
[PK]

第3節(30分×2本) vs 周参見中学校 △1-1(0-1,1-0) 
得点:田中 晃平

20110429.jpg 東牟婁大会・紀南大会を振り返ると、DFラインからボールを丁寧につなぎ、MFを経由してFWにボールを入れようとトライしていた。ゲームを組み立てようと試みているのが伝わった。事実、以前よりもこの点については、大きくレベルアップできている。練習してきたことに対して、自信を持って、また次の課題に取り組めばいい。次の課題は、FWにボールを入れて、その後どう相手ゴールに迫るのか。バイタルエリア付近での崩しを練習していけば、面白くなりそうだ。

まだまだ技術的なミス、判断ミスが多く、それによって1発カウンターで失点する、というパターンが多く目に付いた。ただ、いつも言っていることだが、この時期トライには多くのミスが付きまとうし、ミスをとがめる発言はナンセンス。その結果、失点してしまっても、そこからその選手・チームが学んでいれば、失敗の中にも大きな収穫があるはずだ。しかし、『ボールを失わない』ということと同時に、『少しでも失点の数を減らすためにどうすれば良いか』考えていかないと、この先、勝負には勝てない。スピードがある相手FWに対して、チームでどう対処すればゴールが守れるのか、工夫しないといけない所だ。サッカーは能力の高い選手が勝つとは限らない。体の大きい選手が勝つとは限らない。能力差は、頭の回転と運動量、そしてチームワークでカバーできる。だからサッカーは面白いよ!



※2011年の年間計画を掲載しました。

0 comments

中学校選手権大会・東牟婁予選 準決勝・決勝

4月24日(日) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:晴

準決勝(30分×2本) vs 潮岬中学校 ○2-1
(1-0,1-1) 
得点:宇野光貴
②[PK,FK]

決勝(30分×2本) vs 緑丘・近大新宮中学校合同チーム ●1-4(0-3,1-1) 
得点:宇野光貴


準決勝の潮岬中学校戦。
前半を1対0で折り返すも、後半
に入り一気に流れが相手に傾き、同点に追いつかる。劣勢の嫌な流れがさらに続き、何とか持ちこたえながら延長戦も視野に入れ始めた時、試合終了間際にキャプテンが直接FKを獲得。

彼はこの数ヶ月の間、練習の後に欠かさずFKの練習に取り組んでいた。そんな彼のキックは、土壇場の一番大切な場面でゴールネットを揺らした。サッカーの神様は見ている。やはり努力は裏切らない。努力の結晶のようなゴール。最高のFKだった。

20110424_2.jpg 20110424_1.jpg

決勝戦の緑丘・近大新宮戦。
丁寧にショートパスでボールを動かしながら、攻撃を組み立てようとトライする姿勢があった。
しかし、判断ミスから何度も何度もボールを奪われ、相手のカウンターを何度も浴びる。相手のシュートミスも何度かあって助けられたが、それでも前半3失点。

まだまだ育成の途中。目指す完成形までの道のりは長そうだが、一歩一歩前進していくしかない。焦らず、選手自らが答えを見つけるまで待つ姿勢を大切にしていきたい。幸せなことに、紀南大会に進出することができたので、あと2試合、真剣勝負の中で練習ができる。

0 comments

中学校選手権大会・東牟婁予選 1回戦

4月23日(土) @串本サンナンタンG (天然芝) 天候:雨

1回戦(30分×2本) vs 宇久井中学校 ○8-1
(4-0, 4-1) 
得点:宇野光貴
④,速水浩太,丸山陸斗,前嶋大雅

考えなしに,ボールをただ前に蹴りだすようなプレーは少なくなった。繰り返し繰り返し練習してきた成果の一部だ。しかし、まだまだ技術・判断力は不足して いるので、自分達でボールを動かしながらバタバタする。結果、相手の守備に引っ掛かりボールを失ってしまう。奪われ方が悪く、相手に決定的なチャンスを何 度も与えた。

といってもそれは想定内。ミスしながら、時には失点しながら学んでいけばいい。今日の勝利で明日も試合ができる。1試合でも多く真剣勝負の試合ができるといいね。

20110423.jpg

0 comments

新人大会・東牟婁大会 [振り返り]

1fed03be.jpg 3185d040.jpg

第1日目。

体調不良による欠席があったため、参加人数11名ちょうどで大会に臨んだ。対戦相手は、緑丘近大と串本潮岬。育成リーグを通じて様々なことを試してきたが、失点の数が多く勝てない試合が続いていた。この大会に向けて、チームとしてどのように守り、戦うか。現時点でのチームの戦力を考え、最大限に力を発揮させるための戦術を組んだ。

しっかりと守り、相手の良さを少しずつ消しながら、中盤でのポゼッションでじわりじわりと自分達にペースを引き寄せることができた。現在トレーニングしている攻撃の形も何度か作ることができた。(例えば、右サイドバックを起点とした崩しからのセンタリングなど。しかし、得点の匂いはまだしない。次はその先をトレーニングする必要がある) 

緑丘近大戦は、前半、相手に先制されながらも、後半の粘りで同点に追いつき勝ち点1を獲得し、串本潮岬戦でも、イメージ通りに試合を運ぶことができ、試合終了2分前に先制することができた。残念ながらその後まさかの失点をしてしまったが、交代メンバーのいない中、本当によく選手は戦った。串本潮岬とは、12月に入ってから育成リーグ・練習試合において2試合連続0対2で敗れていたが、今大会ではその反省を活かし戦えたことは評価できる。下馬評を覆す那智中の活躍だった。


第2日目。

さらにもう一人の選手が熱のため欠席の事態に。合計2名が体調不良でダウンしてしまった。こればかりは仕方ない。10名で試合に臨んだ。初日の結果により、何としても勝ち点6を手にしないといけない状況であった。

まず初めに迎えた下里光洋戦。1人少ない厳しい状況の中、急遽システムを変更して対応した。それでも選手はよく戦った。PKで1点を与えてしまったが、前半のうちに追いつき、後半逆転に成功した。結果、2対1で勝利。これで合計・勝ち点5を獲得。

最終戦は城南。前半、1人少ない状況を感じさせない動きで、相手と堂々と戦い、0対0で折り返した。後半、何度が得点のチャンスがあったものの決め切れず、結果は、0対3。うまくいかない自分のプレーやミスを続ける味方のプレーに我慢ができず、結果良いプレーを続けられなくなったことが残念だったが、これも一つの経験だろう。今日の苦い経験を次に活かしていけばいい。負けん気の強さや闘争心は大切。だが、本気で「勝ちたい!」と思うのならば、まず自分が変わらないといけないだろう。

「すべての力をチームのために」

その大切さに気づいた選手は伸びるだろう。
それに気付かず自分勝手なプレーを続ける選手は、そのレベルでおしまいだろう。
成長の種は、まいている。あとは自分次第。自分の努力次第で、未来の自分が成長する。

  【最終順位】

  1位 串本潮岬  勝ち点⑩  <2月の県大会に出場>

  2位 緑丘近大  勝ち点⑦

  3位 城南    勝ち点⑥

  4位 那智    勝ち点⑤

  5位 下里光洋  勝ち点0

 
体力的にも精神的にも10人で2試合を戦うことは厳しかったが、保護者、先生を中心とした暖かい声援のおかげで乗り切ることができました。ありがとうございます。まだまだ課題が山積です。1日1日の積み重ねを大切に、ひたむきにチーム一丸となって戦える“土台”作りを3月までに取り組んでいきたいと思います。やっている選手本人達はもちろん、応援してくれる人々にも感動と喜びを与えられるチームを目指して、これからさらに挑戦していきます。


0 comments

中体連新人大会・東牟婁予選 2日目結果速報

12月18日(日) @新宮市民G (人工芝)

第3節(25分×2本) vs 下里・光洋中学校合同チーム ○2-1
(1-1  1-0) 
得点:
前嶋 大雅 <前半21分,後半7分>  失点:<前半5分PK>

第4節(25分×2本) vs 城南中学校 ●0-3(0-0  0-3) 
得点:
失点:<後半9分,18分,22分>

リーグ戦の結果、勝ち点⑤で4位となりました。

0 comments