忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

comments

高円宮杯2011予選リーグ

9月23日(金) @串本サンナンタン (天然芝)
予選リーグ第1節 
vs 岩出第二中学校 0-1(0-0、0-1)
得点:なし

20110923.jpg
予選リーグ第2節 vs 岩出中学校 ●1-10(0-4、1-6)
得点:丸山 陸斗

20110923_1.jpg
9月24日(土) @新宮市民G (人工芝)
予選リーグ第3節 
vs 串本中学校 0-2(0-1、0-1)
得点:なし

20110924.jpg

9月25日(日) @西松江緑地公園 (天然芝・一部クレー)
予選リーグ第4節 
vs 紀之川中学校 0-4(0-3、0-1)
得点:なし

20110925.jpg

会場の近くにある和歌山市のセブンイレブンに立ち寄った時の出来事。
突然店長さんから話しかけられ、台風12号の被害状況などについて尋ねられた。どうやら選手たちの背中のNACHI というチーム名を見たらしい。少し会話を交わし、買い物を終え、マイクロバスを出発させようとしていると、再び店長さんが現れ、500mlの水を30本ほど差し入れして頂いた。さらに詳しく話をさせて頂いて分かったことだが、知り合いの自衛隊の方から那智勝浦の現状を聞いていたらしい。災害を経験して苦しい思いをしながらも、それでもサッカーに取り組む子どもたちの姿を見て、勇気をもらったとのこと。頑張って下さいとのこと。

突然の初対面の方からの差し入れであったため、とても驚いたが、その場で精一杯の感謝の意を伝えて、お水を頂いた。とても心の温まる出来事だった。


試合前の黙祷では、様々な思いがよみがえり、鳥肌が立った。9月に入ってからチームで練習できたのはわずか3日間。満足に練習もできず、それでも懸命にプレーする選手たちの姿を見ると、込み上げてくるものがあった。思うようにプレーできない辛さもあっただろう。悔しかっただろう。特にキャプテンに関しては、中体連の県大会の後、3年生1人でチームを引っ張り、努力し続けた。これからさらに高い目標に向かって突き進んでいって欲しい。

今年の高円宮杯はこれで終わり。しかし、サッカー人生が終わるわけではない。一つの区切りを迎えただけ。次のステージに向けて、また新しい始まりだ。
PR

1 comments

Comment

匿名

2011.09.28 at 21:55   | Edit

キャプテン、おつかれ!

Trackback