忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

comments

高円宮杯・県大会[決勝T1回戦] vsセレッソ和歌山

10月3日(日) @串本サンナンタン (天然芝)

決勝トーナメント1回戦(30分×2本) vs セレッソ和歌山 ○2-1(2-1、0-0)
得点:小川 奨,速水 浩太


ここ最近、いつも試合前のミーティングで確認していることは、

「自分たちがやってきたことを100%出し切ろう」

それだけをしっかりと確認して、アップ、ゲームに臨んでいる。苦しいゲームに頼れるのは、今日まで一生懸命に練習に励んできた“自分”と、一緒に頑張ってきた“仲間”。試合当日になって新しいことに取り組んでも、試合の時だけ気持ちを入れてもバタバタするだけ。これまでの試合を振り返ると、肩に力が入り過ぎて、心の余裕を持つことができず、自滅してしまう試合もあった。いつも通りリラックスして、練習してきたことを出し切れば、きっと良い結果につながるはず。


荒れた天候の中で行われたセレッソ和歌山戦。今日の試合は、グラウンド状態が最悪の状態になる前に、2得点できたことが大きかった!後半は、いつ警報が出てもおかしくない豪雨の中での試合になったが、相手の攻撃に対してチーム全員で体を張り、ゴールを守ることができた。

「ここまで積み重ねてきた那智中のサッカーがどれだけ通用するのか」
 を確認することを楽しみにしていたというのが本心だが、今日のようなピッチコンディションもサッカーというスポーツの一部だ。ピッチコンディションに合わせたサッカーを選択し、勝利を勝ちとってくれた選手達をとても嬉しく思う。
一つ一つ厳しい試合を重ねるごとに、一人ひとりが成長し、チームとして大きな“まとまり”になってきていると私は実感しています。

今日の勝利で、さらに1週間、仲間とサッカーを続けることができます。
この日々を大切に、来週の大会に向けて準備していくこと。応援してくれている人達への感謝の気持ちを常に忘れず、サッカーで経験し、成長したことを日常生活にも活かすこと。(学校での様子に期待しています)

SN3K0058.jpg SN3K0057.jpg


最後に、ご支援・ご協力を頂いている保護者の皆さまや応援に来て下さった関係者の皆さま、応援によって大きな後押しを頂きました。ありがとうございました。


PR

0 comments

Comment

Trackback