忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

comments

中学校選手権大会・県大会

20110612_2.JPG
決勝戦の組み合わせは、和歌山大学附属中学校 vs 西脇中学校。
両チームとも、失点のリスクを少しでも減らすために、速い段階から前線にロングボールを徹底して放り込む試合展開だった。結果はロングゴールから抜け出し1点をもぎ取った和大附属中の1対0の勝利だった。
2日間、中体連の県大会を観戦して、感じる事が沢山あった。試合内容、指導者のコーチング、サポーターの応援など・・・・・・。一番大事なのは、大人の価値観ではなく、選手の育成。改めて深く考えさせられた2日間だった。

それにしても西脇のボールに対する執念はとんでもない。あの執念の守備の中でも平気でボールを保持し、平気で相手をかわし、チームでボールを動かしてゴールに迫りたい。そんなイメージを大切に、これからも選手の育成をしていこう。

20110612_.JPG今日はチームとしてオフの形を取ったが、今日の試合にも那智中から5名(FP3名、GK2名)の選手が観戦しにきていた。試合を観戦することで学べることも多々ある。自分達の目指すレベルを把握することはとても重要なこと。

大会のあと、この5名は「城南 vs 周参見」の練習試合に参加させてもらった。城南中学校の皆さん、急なお願いにも関わらずありがとうございました。

PR

1 comments

Comment

城南スタッフ

2011.06.12 at 22:55   | Edit

いえいえ!こちらこそありがとうございました!那智の子たちが入ってくれたおかげで、最後は紅白戦もできました。
また、2日間、大会運営お疲れ様でした。そして、ご協力ありがとうございました。
西脇の厳しいプレッシャーの中でも、ボールを保持できる技術、自分たちでボールをつなぎ相手を崩すサッカー、そんな選手、チームを育成していきたいですね。私も県大会を観戦して同様の思いを持ちました。
夏の大会まで、あと1ヶ月となりましたが、郡内でお互いに切磋琢磨し、選手の育成を大切にし、頑張ってきたいですね。
今後ともよろしくお願いします。







Trackback